« 上野の大統領 | トップページ | 飲み会 »

2008.07.31

wax 「ヨジャヌン サランウル モッコ」(女は愛をたべて」 

waxちゃんのヨジャヌン サランウル モッコ「女は愛をたべて」を紹介します。

訳 yoshi

あなたは手が無くて足が無いのですか
何日もずっと電話も無くて 訪ねて来もしないのですね
私が気が利かない女ですか
ひょっとして新しい愛に私を忘れているのですか
私を見てみんなやつれて行くと言うんですよ
花も人が手を加えるほどもっとよく育つと言うのだから
私が望むことは愛だけなの 私が欲しいものはその気持ちなの
お願いです 私をさびしく放って置かないで
私を眺めるその視線ひとつ 愛しているという切ない言葉ひとつ
お分かりですか 女はひたすら愛をたべて生きると言うことを
痛くても痛いという言葉を私は言えません こんな私が負担になって
ずっと私から去って行ってしまうかと思い
私が望むことは愛だけなの 私が欲しいものはその気持ちなの
お願いです 私をさびしく放って置かないで
私を眺めるその視線ひとつ 愛しているという切ない言葉ひとつ
お分かりですか 女はひたすら愛をたべて生きると言うことを
私が愛したのはあなただけなの
私の気持ちをすべてあげたたったひとりなの
もうこれ以上私を待たせないで
私を抱いてくれるその手ひとつ
会いたいという優しい言葉ひとつ
お分かりですか 女はそんな愛に笑って泣くということを

|

« 上野の大統領 | トップページ | 飲み会 »